履歴書に記載するスキルはどれですか?例を含む専門家のヒント

履歴書に記載するスキル

雇用市場の性質が変化しました。失業率の上昇に伴い、競争が激化し、求職活動のダイナミクスが変化しています。求職者は熾烈な競争に直面しており、採用マネージャーの注意を引くには、印象的な履歴書を作成することが不可欠です。

履歴書は、あなたが応募している仕事に合わせて、よく考えられ、調整されている必要があります。同じタイトルの仕事であっても、すべての仕事には異なる要件と責任があります。自分のスキルを報告する方法は、採用プロセス中に他の応募者から目立つために不可欠です。履歴書のスキルセクションは、採用された場合に提供される給与額に影響します。 

無料の模擬面接–AIからフィードバックを得る

履歴書に記載するのに最適なスキルは何ですか?

採用担当マネージャーは、履歴書を読むのにあまり時間をかけません。彼らはほとんどの場合、候補者を候補者リストに入れることを決定する前に、それをざっと目を通します。雇用主はソフトスキルとハードスキルを求めています。ほぼすべての求人情報に次のリクエストがあります。 

  • 組織力
  • コミュニケーションスキル
  • コンピュータのスキル
  • 人のスキル
  • 問題解決スキル
  • リーダーシップスキル
  • 時間管理スキル
  • コラボレーションスキル

上記の属性とスキルは、職場で不可欠です。ハードスキルは、仕事に伴う責任とタスクを達成するために必要な技術スキルで構成されます。これらの属性は、教育、トレーニング、および実践によって獲得されます。宣伝は簡単で、測定可能です。認定資格と職歴があなたに代わって語りかけます。 

ソフトスキルは対人スキルとも呼ばれ、候補者の属性と性格を反映しています。彼らは、候補者が組織の労働文化に楽に入ることができることを示しています。これらのスキルは印象的な履歴書を作成するために重要であるため、「ソフト」という用語にだまされないでください。それらをスキルセクションに置くと、他の応募者とは一線を画すことができます。

どの仕事が常に需要が高いか–期待される給与を含む完全なリスト

印象的な履歴書のソフトスキルの例:

採用担当マネージャーは、履歴書をチェックしながらソフトスキルをチェックします。スマートマネージャーは、適切なスキルを持つ人材を採用することの重要性を理解しています。優秀な採用者は、会社の文化にシームレスに適合できなければなりません。履歴書と就職の面接は、あなたが仕事をする能力を持っていることを採用マネージャーに保証します。

関連するソフトスキルを履歴書に載せるには、求人応募を注意深く読み、それに応じて調整できるようにすることが不可欠です。応募する職務をよく見てください。 

どのソフトスキルが履歴書を競合他社から際立たせるかを決めるのが難しい場合は、履歴書に付加価値を与えるいくつかの提案があります。

ソフトスキル面接の質問–ベストアンサーと無料の模擬面接 

適応性:

新入社員が新しい管理職や職場に慣れるのは簡単ではありません。転職するときは常にキャリアに混乱が生じるため、採用マネージャーは新しいことにすばやく適応できる人材を採用したいと考えています。理想的な候補者は、新しいテクノロジーとプロセスを喜んで受け入れます。 

詳細指向:

間違いはお金と時間がかかるので、ビジネスには良くありません。採用マネージャーは、自分が行うすべてのことを慎重に行う人を採用したいと考えています。履歴書のスキルは、候補者の思いやりのある性質を示す必要があります。 

コラボレーション:

他の人とうまく働く能力は、職場にフィットするために重要です。プレゼンテーションと口頭のスキルは、ほとんどすべての仕事に不可欠なソフトスキルです。優秀な従業員は、インターンやさまざまな聴衆とコミュニケーションをとることができなければなりません。彼らは難しい専門用語を使わずに技術的なことを説明できなければなりません。 

クリエイティブ:

すべてのビジネスは成長を望んでおり、新しいアプローチと新鮮なアイデアのバランスの取れた注入なしには不可能です。競争の先を行くために、企業は箱から出して考える必要があります。履歴書には、候補者が創造性を発揮することで達成できた成果を記載する必要があります。 

顧客サービス:

雇用主と会社のキャリアの見通しは正比例しています。これら両方の当事者の繁栄は、顧客サービスの質に関係しています。雇用主は、外部のクライアントや利害関係者の期待に応える専任のチームを望んでいます。 

意思決定:

ほとんどのマネージャーは、スタッフにある程度の自律性を与えることに賛成しています。自律性は、リーダーシップに大きなタスクに集中する機会を与えます。雇用主は、ガイダンスを待つのではなく、状況を迅速に評価し、前進するための計画を立てることができる従業員を好みます。 

共感:

他の人の感情を理解し、尊重することが不可欠です。これは、同僚、顧客、およびマネージャーを引き付けるのに役立ちます。他人の立場に立つ能力は、貴重なソフトスキルです。

リーダーシップ:

優れたリーダーシップスキルは、管理職だけのものではありません。企業が管理職を採用していなくても、戦略的思考を持った人を求めているからです。履歴書は、あなたのリーダーシップの資質を示すスキルと専門的な経験を強調する必要があります。 

マルチタスク:

職場は時間とともに忙しく複雑になっています。履歴書には、候補者が一度に複数のタスクを処理できることを示す必要があります。 

前向きな姿勢:

履歴書は、常に前向きな姿勢で困難な状況に近づくことを示さなければなりません。ソフトスキルリストに積極性を加えることで、雇用主はあなたが決意を持って回復力があることを知ることができます。 

問題解決:

すべての仕事には課題と問題があり、最良の解決策を考え出すのは雇用主の責任です。雇用主は、あらゆる種類の問題に対して創造的な解決策を提供できる人材を採用したいと考えています。

セルフモチベーション:

雇用主は、常に従業員に最善を尽くすようにせがむことを望んでいません。彼らは、誰にも言われなくても率先して仕事を成し遂げることができる従業員を探しています。 

時間の管理:

時間管理は、職場のあらゆる役割にとって不可欠なスキルです。雇用主は、潜在的な候補者が締め切りに間に合い、気を散らすことを避け、就業日を最大限に活用できることを知りたいので、それは最高のソフトスキルでなければなりません。 

労働倫理:

信頼性、責任、誠実さ、時間厳守は、信頼できる労働倫理の重要な部分です。履歴書が強い労働倫理の資質を示していることを確認してください。良い印象を与えるために、履歴書のスキルと職歴の例を挙げてください。 

履歴書に記載する技術的スキル:

履歴書の技術的またはハードなスキルには、資格と習熟度が含まれている必要があります。財務管理者はSECレポートまたはGAAPの強力な基盤について言及する必要があり、フロントエンド開発者は職務記述書に記載されているCSSまたはHTMLおよびその他のテクノロジーに関する専門知識のレベルについて言及する必要があります。  

ここでは、いくつかの需要のある分野に不可欠ないくつかの技術スキルを紹介します。

簿記または会計:

これらの仕事の基本的なハードスキルには、支払い、収集、アカウントの調整、習熟度、Xero、QuickBooks、FreshBooksなどのソフトウェアでの請求が含まれます。 

データ分析:

企業には、技術データを収集してさまざまな利害関係者に解釈できる従業員が必要です。データアナリストの仕事のハードスキルは、リレーショナルデータベース理論の知識からさまざまであり、口頭およびライティングのスキルが高い。

データのプライバシー:

サイバーセキュリティは今日非常に重要であり、すべての組織にとって優先事項です。専有クライアント情報と機密データを保護することは最優先事項です。具体的な需要の高いハードスキルは、応募する分野とポジションによって異なります。 

エンタープライズリソースプランニング:

雇用主は、NetSuite、SAP、OracleなどのERPシステムを使用してビジネスを管理します。これらのシステムは、企業が機能を自動化し、業務を管理するのに役立ちます。履歴書には、コーディングとプロジェクト管理の経験が記載されている必要があります。 

人事:

人材は組織の不可欠な部分です。企業は、その仕事に適した人材を評価して採用するためにHRに依存しています。人材はまた、保持努力を確立するのに役立ちます。彼らは、トレーニングの開発、ウェルネスイニシアチブの確立、チームビルディングプログラム、および従業員の関与を担当しています。履歴書は、あなたが卓越した管理とコミュニケーションのスキルを持っていることを示さなければなりません。

数学:

パーセンテージの計算、正確なデータチャートの作成、マージンの計算に長けた従業員を必要とする職業はたくさんあります。コピー編集者とマーケティングの専門家は調査結果を扱う責任があるので、彼らは数学に長けている必要があります。

多言語主義:

雇用主は、より多くの顧客を呼び込み、より幅広い顧客を確立するのに役立つ従業員を高く評価しています。彼らはあなたが適用している都市と産業に依存する第二言語を求めました。需要の高い言語には、中国語、ドイツ語、アラビア語、中国語、スペイン語、フランス語などがあります。職務記述書が国際的な顧客との対話を必要としない場合でも、他の言語の流暢さは常に履歴書にプラスです。

プロセスの自動化:

成功する企業は、品質を損なうことなく費用を最小限に抑えることができます。人工知能とスマートソフトウェアの助けを借りて、リソースを節約し、効率を向上させることができます。従業員はこれらのシステムをセットアップする必要があるので、履歴書がそのようなシステムを扱ったあなたの専門的な経験を強調していることを確認してください。

製品デザイン:

フィールドは機能と形の混合物です。視覚的な魅力と使いやすさを最適化します。製品設計の学位について言及するだけでなく、関連する特定のスキルについても言及する必要があります。

プロジェクト管理:

履歴書とスキルのセクションの作業履歴には、プロジェクトを最後まで見る能力が記載されている必要があります。プロジェクトマネジメント協会のPMP(プロジェクトマネージャープロフェッショナル)がいる場合は、履歴書が他のすべてとは一線を画すので、必ず強調表示してください。

研究スキル:

雇用主は、調査ツールと方法論に精通した人材を採用したいと考えています。ハードスキルリストには、データのスケジューリング、インタビュー、分析、計画、および解釈が含まれている必要があります。これらのスキルは、利害関係者が解決策を見つけるのに役立ちます。候補者リストを取得するには、関連するテクノロジーに習熟していることが不可欠です。

ソフトウェアの習熟度:

現在、受験者はGSuiteとMicrosoftOfficeの基本的な知識を持っている必要があります。これらは、スプレッドシートの作成、電子メールの送信、コラボレーション、プレゼンテーション、およびワードプロセッシングに役立つため、重要です。技術力は、IT関連の仕事に必要なハードスキルだけではありません。ほぼすべてのセクターと役割で高く評価されています。

検索エンジン最適化:

検索エンジン最適化とマーケティングは、オンラインコンテンツを扱う上で不可欠な側面です。作家、広報担当者、人材育成の専門家、編集者は、それをハードスキルのリストに追加する必要があります。実務経験はまた、Google Analytics、キーワード最適化、データ分析ツール、CSS / HTML、JavaScript、およびキーワードプランナーの優れた知識と経験を強調する必要があります。

タイピングスキル:

高速で正確なタイピングは、多くの仕事に欠かせないスキルです。筆記者、データ入力スペシャリスト、スケジューラー、管理専門家、および事務員は、卓越したキーワード機能を必要としていました。仕事の理想的なペースは、業界の性質と仕事によって異なります。仕事の説明は手がかりを提供します。一部のWebサイトでは、入力速度の無料テストを提供しています。

執筆および編集スキル:

洗練されたプレゼンテーションと口頭でのスキルは、雇用主から高く評価されています。これらのスキルは、ほぼすべての分野で必要です。組織を運営し続けるには、焦点を絞った電子メール、説得力のあるメモ、明確な内部コミュニケーションが不可欠です。 Webサイトのテキスト、ブログ、またはプレスリリースが文法やスペルの間違いでいっぱいになることを望んでいる組織はありません。 

履歴書には、職業生活でハードスキルを使用した方法の例を含める必要があります。応募する仕事に最も適したスキルに光を当ててください。プロジェクト管理職に応募する場合は、完了したプロジェクトについて言及してください。 

履歴書のスキルを職務記述書に一致させるためのヒント:

応募者追跡システム(ATS)は、履歴書を収集、並べ替え、ランク付け、スキャンするためのツールとして企業で使用されています。それは彼らが応募者を候補リストに載せることを可能にし、会社に最適なものを見つけます。 ATSに注目されたい場合は、履歴書をカスタマイズすることが不可欠です。 

履歴書で使用できるフレーズや単語を特定し、ATSに気付かれるように、職務記述書で使用されている単語をよく見てください。説明に従って履歴書のスキルを調整する必要があります。そうしないと、履歴書が表示されず、就職の面接を求められる可能性があります。 

企業が重視するスキルを特定する方法は?

職務記述書を使用して、履歴書と職歴のスキルをカスタマイズできます。しかし、それが唯一の選択肢ではありません。雇用主を調査することで、履歴書のカスタマイズを改善できます。それは会社の価値観と文化への洞察を提供します。また、競合他社から目立つ可能性を高める可能性のある追加の品質を発見するのにも役立ちます。 

会社で働いている、または過去にそこで働いたことがある知人がいる場合は、その企業文化について尋ねることができます。会社のレビューも貴重な情報を提供することができます。このウェブサイトには、会社に関するすべての重要な情報が掲載された会社概要ページがあります。 

IBMでのポジションに応募する場合は、IBMのWebサイトにアクセスして、「私たちの価値観を生きる」セクションを確認する必要があります。会社は次のような候補者を好むことがわかります。

  • お客様の成功を確実にすることに専念
  • 革新的なアプローチ
  • 責任と信頼

追加するソフトスキルは、会社の目標と職務内容に合わせて調整する必要があります。会社の運営方法や職場環境に特別な注意を払うことが重要です。あなたの関連する強みを強調することは、専門的な機会を利用するために重要です。 

スキルセクションを作成するためのヒント:

印象的な履歴書は、読みやすくするためにコンテンツを整理しています。専門的な経験の上に技術的スキルとソフトスキルの表を追加すると、採用マネージャーはあなたがその仕事に適した候補者であると判断しやすくなります。スキルセクションでは、必要な資格がすべて揃っていることを示しており、関連するキーワードを追加するのに最適な場所です。 

すべてのスキルを段落の形で書くのではなく、箇条書きを作成することをお勧めします。それはそれをより読みやすくします。 

いくつかの業界のスキルリストの専門的な例を次に示します。

会計の仕事:

会計士の仕事は数字を計算することですが、それは彼らの唯一の責任ではありません。彼らの責任には、他の部門とのコミュニケーションやデータ主導の結論の作成も含まれます。 

これらの領域に追加するのに最適なスキルは次のとおりです。

  • マイクロソフトエクセル
  • 言語能力
  • ライティングスキル
  • 問題解決と分析
  • データ分析
  • リーダーシップとビジネス
  • リスクとコンプライアンス
  • GAAP(一般に認められた会計原則)
  • 収益認識

カスタマーサービスの仕事:

顧客を満足させ、満足させることは会社にとって不可欠であり、顧客サービス部門がその責任を負っています。部門は顧客の問題を解決する責任があります。 

カスタマーサービスの専門職には、次のスキルが必要です。

  • 共感
  • 注意深いリスニング
  • 外交
  • データ入力
  • リサーチ
  • トラブルシューティング
  • 時間管理
  • 前向きな姿勢
  • コミュニケーションスキル
  • スピードと効率

ビジネスアナリストの仕事:

ビジネスアナリストは、問題解決、データスペシャリスト、財務専門家など、いくつかの役割を果たさなければなりません。ビジネスアナリストは、次のスキルをリストに含める必要があります。

  • データマイニング
  • ビジネス感覚
  • プロジェクト管理
  • 戦略的思考
  • 批判的思考
  • プレゼンテーション能力
  • 言語能力
  • 問題解決
  • クライアントとの関係
  • コラボレーション
 

マーケティングの仕事:

マーケティングの仕事は多目的で、製品管理、ブランド管理、メールマーケティングスペシャリスト、ソーシャルメディアスペシャリストなど多岐にわたります。候補者は、分析的で創造的な性質を示すために、ハードスキルとソフトスキルの組み合わせを示さなければなりません。リストに追加する必要のあるスキルは次のとおりです。

  • Web分析
  • コンテンツの作成
  • 創造性
  • プロジェクト管理
  • 市場調査
  • 批判的思考
  • SEO
  • ソーシャルメディア(キャンペーン、戦略など)
  • SEM

Web開発者の仕事:

Web開発者には、ソフトスキルと技術スキルの両方が必要です。技術スキルはタスクを達成するためのものであり、ソフトスキルは内部の利害関係者や顧客と協力するために不可欠です。バックエンドまたはフロントエンドのどちらのポジションに応募する場合でも、履歴書を適宜調整できるように、求人情報を注意深く確認する必要があります。

ここに、Web開発者の履歴書に優れた追加となるいくつかのスキルがあります。

  • UXデザイン
  • UIデザイン
  • コーディング言語
  • チームワーク
  • テストスキル
  • トラブルシューティングスキル
  • APIデザイン
  • データベースソフトウェア
  • プロジェクト管理
  • オペレーティングシステム
  • Webフレームワーク

グラフィックデザインの仕事:

グラフィックデザイナーは、技術的な知識と創造的な感覚を持っている必要があります。リストに含めるに値するいくつかのソフトスキルとハードスキルは次のとおりです。

  • ストーリーテリング
  • 時間管理
  • ブランド開発
  • プロジェクト管理
  • 設計原則
  • プレゼンテーション能力
  • 言語能力
  • 細部への注意
  • 献身
  • コラボレーション

テクノロジーや法律などの専門分野に参加している場合は、ページの横にスキルの列を作成できます。スキルを再開し、採用される可能性を高めるためのより多くのスペースを提供します。スキルセクションは、採用マネージャーの注意を引くのに十分目立つ必要があります。

履歴書にスキルを組み込む方法は?

魅力的にスキルを書くことは不可欠ですが、特定のスキルを強調するのに役立つため、ボランティア活動や認定なども強調する必要があります。リーダーシップや管理スキルを持っていると書く代わりに、チームプロジェクトを完了したように文章を追加できます。 

履歴書には、以前または現在の仕事に与えた影響の明確な例を示す必要があります。印象的なスキルは採用マネージャーの注意を引くのに役立ち、その結果はあなたに面接を保証します。 

履歴書にスキルを組み込む方法の例をいくつか示します。 

コミュニケーション:

あなたが優れたコミュニケーターであることを示すために、ライティング、プレゼンテーション、および口頭のスキルに焦点を当てることが重要です。また、カスタマーサービスとコラボレーションスキルについても言及する必要があります。作業履歴は、クライアント、同僚、またはマネージャーとの優れたコミュニケーションの軌跡を示し、確かな結果をもたらす必要があります。

例:

  • クライアントに毎月の電子メールニュースレターを書くことにより、ウェブサイトのトラフィックを35%増加させました
  • 8つの企業ウェビナーのプレゼンターであり、セッションごとに平均5000人の聴衆に到達しました

マルチタスク:

マルチタスクに関しては、定量化可能な結果を示すことは容易ではありません。しかし、正しい言葉で、あなたが完璧に処理することができた競合する状況やタスクのアイデアを与えることは可能です。 

例:

  • 競争が激しく高速な環境で20人で構成されるチームの複数の設計プロジェクトに効率的に優先順位を付ける
  • 会社の年次報告書と企業市民報告書の競合する編集期限の管理を担当し、メールマーケティングを最新の状態に保つために毎週新しいコンテンツを配信し、その結果、クリック率が20%増加しました。

リーダーシップ:

あなたが務めるどんな役割においてもリーダーシップの資質を示すことが可能です。大規模なチームプロジェクトを担当し、問題を深く掘り下げて解決策を考え出し、チームから独立して作業することは、リーダーシップの資質を示すのに役立ちます。専門的な能力の範囲外でボランティアをすることも、リーダーシップスキルを披露するのに役立ちます

例:

  • タスクフォースを率いて、15%で会社の運営費を削減することに成功しました

信頼性:

雇用主は、注文に従うのが得意な人を雇いたいと思っています。あなたの仕事があなたに外部のクライアントと働くことを要求するならば、信頼性は重要な特徴です。外部の顧客との作業中に期限を逃すと、会社に深刻な損害を与える可能性があります。 

例:

  • すべてのプロジェクトを時間通りに完了し、設定された期限前にいくつかのプロジェクトを完了し、それが昇進につながり、1年の勤務の後にアカウントマネージャーになりました。
  • 毎年恒例の従業員表彰式で「皆勤賞」を2回受賞

問題解決:

あなたが貴重な候補者であることを示すために、過去または現在のマネージャーのためにあなたが果たした役割を強調することが不可欠です。 

例:

  • 最初の呼び出しでデスクトップサポートチケットの90%を閉じることができ、エスカレーションを回避しました

テクノロジー:

テクノロジースキルは、応募する仕事に適している必要があります。管理者の役割を申請する場合は、データロジックのコースワークを圧迫する必要はありません。 

例:

  • 毎月のPowerPointプレゼンテーションを作成して、クライアント管理、ソーシャルメディアキャンペーン、コンバージョン率、および電子メールキャンペーンに関するマネージャーのレポートをサポートします。プレゼンテーションが成功した結果、トレーニングチームの一員となり、他のマネージャーに優れたプレゼンテーションの重要な側面を教えることが求められました。 
  • 300以上のブログ投稿を最適化することにより、30%によるオーガニックトラフィックの増加

履歴書に属さないスキル:

価値を下げるため、履歴書に含めるべきではないスキルをいくつか紹介します。 

嘘や誇張を避けてください:

履歴書で見栄えが良いという理由だけでスキルを追加したくなります。誤ったスキルや認定を追加しないでください。良い印象を残しません。信頼できないことを示しているので、履歴書に嘘をついている人を雇いたいと思う雇用主はいません。 

あなたが提供するすべての参照が本物であることを確認してください。企業が身元調査を実施する場合は、実施できる必要があります。 

数字を無視しないでください:

履歴書は決して曖昧であってはなりません。あなたがその仕事に最適であることを明確に示すことが不可欠です。漠然とした声明は、雇用主があなたの可能性を理解するのに役立つことはありません。あなたの貢献と成果を示すためにあなたがしっかりした数字を共有することを確認してください。 

言葉を誤用しないでください:

履歴書には冗長性があってはならないため、履歴書の文言を再確認してください。花言葉は良いように聞こえるかもしれませんが、履歴書は正確で短くなければなりません。雇用主は6ページを読み通すつもりはありません。フォーマット、スペル、文法の間違いがないことを確認してください。 

結論:

履歴書とそのスキルは正確で真実でなければなりません。自分の能力と職歴を最もよく示すようにしてください。あなたのスキルを強調することで、採用担当者は自分の会社に最適な候補者を簡単に見つけることができます。細心の注意を払うことが不可欠であり、あなたは最高の仕事の機会を利用することができます。

あなたの履歴書を素晴らしいものにするための7つの簡単なステップ