企業文化を評価する方法は?私はそこで働いて幸せになりますか?

求人

職場の文化に溶け込むことは、業績を上げ、仕事の満足度を高めるために不可欠です。すべての組織には独自の組織文化があります。

 

企業文化とはどういう意味ですか?

会社の文化は、個々のリーダーが持つ価値観と信念から生まれています。これらの価値観と信念は、行動、目標、およびポリシーに変換され、会社全体に広がります。文化は、ウォータークーラーチャットのような非公式なものと、ミッションステートメントのような正式なもので構成されています。規模に関係なく、どの企業にも企業文化があります。

文化があなたのワークスタイルに合っている組織の一員であることが重要です。それはあなたの生産性と創造性を育み、成功したキャリアを楽しむのに役立ちます。価値観と目標があなたにぴったりの場所で働くのは簡単です。文化があなたに適していない場合、仕事は厄介になる可能性があります。

 

企業文化の重要な側面

新しいポジションを評価する際には、企業文化の基礎を理解することが不可欠です。それはあなたに職場があなたにとって良いかどうかを知らせます。雇用機会を考慮しながら評価すべき企業文化の分野は次のとおりです。

 

基本的な仕事の満足度

既存の従業員の幸福度を考慮してください。職場文化は、尊敬と忠誠の育成を促進しますか?不幸な従業員の比率が高いため、離職率は高いですか? LinkedInのようなウェブサイトでレビューをチェックすることで、既存および古い従業員の意見を見つけることができます。

 

仕事と生活のバランスをとる

会社の経営陣はワークライフバランスを促進していますか?監督者は定期的な勤務スケジュールを尊重しますか、それとも残業を要求することがよくありますか?勤務時間に柔軟性やリモートワークのオプションはありますか?ワークシェアリングやアルバイトの可能性はありますか?残業の場合、会社は余分な休暇を補償しますか?仕事にはコンシェルジュサービスのような多くの特典が付いていますか?

 

生産性とコラボレーション

良好な労働文化では共同作業が不可欠であるため、チームメンバーは共同作業の重要性を理解する必要があります。コミュニケーションが階層の上から下まで正直で、明確で、透明であるかどうかを確認します。マネージャーは同僚や部下について敬意を持って話しますか?目標は明確に述べられていますか?組織は従業員をサポートし、成功に向けて準備していますか?

 

積極的なリーダーシップ

会社には団結があり、共通の目標、価値観、信念について合意する必要があります。彼らの価値観と目標はイノベーションと生産性をサポートする必要があり、経営陣は会社の文化に忠実であり続ける必要があります。リーダーシップが彼らによって確立された企業の理想に従っていることをあなたに知らせる兆候を探してください。監督者を含むすべての人が過失の責任を負っていますか?

 

快適な作業環境

オフィススペースは組織文化の重要な部分です。それは従業員のパフォーマンスに影響を与えます。職場で快適に過ごせることを確認してください。職場でペットを連れて行ったり、昼食時にゲームをしたりできるかどうか、または静かで厳密に専門的な環境かどうかを確認してください。毎日約9時間オフィスで過ごすことになりますので、これらは知っておくべき重要なことです。

 

インタビューでの組織文化に関する質問

あなたの最高の特徴を引き出すことができる組織を見つけることは簡単ではありません。それはあなたが最高になるように刺激することができます簡単な作業ではありません。面接プロセスは、会社についての有用な洞察を提供することができます。組織がまとまりがなく、本によって厳密に運営されているかどうかがわかります。

面接の準備をしているときに、会社の文化をカバーする面接官に尋ねることができる質問を考え出します。

 

ここにあなたが探している情報を得ることができる6つの質問があります:

 

組織で働くことで一番好きなことは何ですか?

あなたは潜在的な同僚に会社について彼らの好きなことは何であったかを尋ねることができます。それが支援的な環境であるかどうかを判断するのに役立ちます。また、成長の機会があるかどうかも示します。面接中に質問する機会がない場合は、組織の文化では質問は歓迎されないことを示しています。

 

従業員が従う一般的なオフィスのスケジュールは何ですか?

記載されているスケジュールは9〜5ですが、厳密に守られているわけではありません。答えは、ワークライフバランスと経営陣が忙しい時期に対処する方法についての洞察を提供します。

 

あなたが面接しているポジションで前の従業員の成功の原因となった可能性のある特性は何ですか?

質問は多くの有用な情報を提供することができます。マネージャーが優先する特性を学ぶことができます。

 

会社に入る前に知っておくべきことは何ですか?

この質問をすることで、面接対象者は組織での自分の時間の経験を共有する機会が得られます。質問はまた、彼らが職場環境への適応について学んだ重要なことを共有することにつながります。それは他の人々の過ちから学ぶ機会を与えてくれます。

 

組織と競合他社との違いは何ですか?

この質問により、インタビュアーは自分の会社をインタビュイーに売却することができます。彼らは自分たちの価値観や信念、そして従業員が誇りに思っていることを共有しています。会社のリーダーシップによってどのような資質や特徴が優先されますか?

 

会社について何か変えたいことはありますか?

それは洞察に満ちた微妙な質問です。あなたは、面接官が組織をさらに働きやすい場所にするための変更を加えるためのアイデアを持っているかどうかを尋ねています。

 

 

結論

これらの質問をすることは役に立ちます。質問とは別に、あなたも注意を払う必要があります。あなたがあなたの周囲のすべてを取り入れることを確認してください。会社の現実と評判について人々と相談する際は微妙になります。調査により、経営陣によって提示されたものではなく、職場の本当の姿を見ることができます。

会社の文化を評価するには、個々の優先順位、目標、および働き方を知ることが不可欠です。注意深く、聞き上手であり、場所を評価し、仕事の機会について十分な情報に基づいた決定を下すために質問をすることを恐れないでください。